トレード力

ダウ理論で勝てない!その理由とは⁉ ダウ理論でトレードする時に陥りやすい罠とその正しい活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、ゆうすけです。

FXで勝つための手法・考え方を色んな方が情報発信されていて、その中でも『ダウ理論』を中心とした考え方をよく目にします。

確かにダウ理論はうまく活用すれば利益につながるトレードができます。

しかし、

「上昇トレンド中、押し安値を抜けて上昇が崩れたと思ってショートしたのに負けた!」

「下落トレンドなので戻り売りをして下落が崩れる戻り高値に損切注文を入れたが、あっさりロスカットされてしまった。」

このようにダウ理論を中心にトレードするもなぜか損切にかかり、混乱している人もいるのではないでしょうか?

かくいう僕も同じようにその落とし穴にはまり、長く混乱した1人です(笑)

この記事ではそんな過去の僕と同じく混乱しているあなたに

ダウ理論でトレードすると陥る落とし穴と、その実践での正しい活用法について解説します。

※個人の見解であり、頭の整理とさらなるステップアップのために書いているものですので、投資を勧めるものではありません。自己責任での投資・トレードをお願いいたします。

そもそも『ダウ理論』とは?

ダウ理論とはその名の通り、19世紀後半にチャールズ・ダウさんが考案した理論です。

ダウさんは証券取引所での相場に関する記事を執筆し、その取材の経験からこの理論を提唱したようです。今では当たり前となった、テクニカル分析の先駆者ですね!

当時は株価の分析でしたが、為替などでも使える理論として現在も活用されています。

そんなダウ理論は以下の6つの基本法則から構成されています。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

(引用:Wikipedia”ダウ理論“)

Wikipediaを見てもらえば詳しく説明されているので省きますが、

今一般的にダウ理論として使われているのは上記の太字、6の法則です。

この法則について考えてみましょう。

トレンドの継続・転換

 

 

 

 

 

 

上昇トレンド=高値・安値ともに切り上げる状態

下落トレンド=高値・安値ともに切り下げる状態

まずトレンドとは、市場動向のことで、上記のように高値・安値の動きで判断します。

では、明確な転換シグナルとは何か?

ここでよく登場するのが『押し安値』、『戻り高値』です。

『押し安値』とは、高値を更新した安値=押し目買いが入った安値

上の図でいうと水色の矢印をつけた安値です。

逆に『戻り高値』とは、安値を更新した高値=戻り売りが入った高値

こちらも上の図では水色の矢印を付けた高値です。

この中でも重要なのが、図の赤矢印、最後の押し安値と戻り高値です!

最後の押し安値、戻り高値を抜けてしまうとトレンドの定義が崩れてしまいます。

例えば、上昇トレンドの場合、最後の押し安値を抜けると「安値を切り上げる」というトレンドの定義を満たせなかったので、この上昇トレンドは継続できず、終了とみなされます。

しかし上昇トレンドが終了し、転換して下落トレンドが発生するときもあれば、

押し安値抜けた後、下落トレンドが発生せずまた上昇し始める相場もよくあります。

ここがダウ理論で相場を考えると混乱するポイントだと思います!

ダウ理論で勝てない理由、陥りやすい罠

一般的には、押し安値を抜けると上昇トレンドの終了、また戻り高値を上抜けると下落トレンドの終了と考えられていますし、それは正しいです。

しかし、

ここで過去の僕も含め多くの方が犯してしまう間違いが、

上昇トレンドの終了=転換。下落トレンドの始まり!

と考えてしまうこと。

確かに相場には上昇と下落しかないので、上昇トレンドの終了=転換という思考回路は一見正しいいように思えます。

しかしよーく考えてみると、上昇トレンドが終了したからといって下落トレンドが始まるというのは、トレンドの定義には書いていませんし当てはまりません

トレンドの定義で考えると、押し安値を下抜けることで導かれる情報は

安値を切り上げれなかった=上昇トレンドではなくなる=その上昇トレンドが終了した

という事だけ。

ただ1つの上昇トレンドが終了しただけで、次にどんなトレンドが出るかはまだこの時点ではわかりません

押し安値を抜けた後、考えられることは

  • 下落トレンドの発生
  • 下落、上昇共にできずトレンドが発生しない
  • 別の上昇トレンドが発生

軽く考えただけでもこれだけの可能性があるのです。

こういう先の読めない場面で下落トレンド発生を考えて、ショートポジションを持ったりするから損切する羽目になります。

下手すれば「下がらないなら買いだ!」とロングを持ってこれも損切。

往復ビンタを食らいメンタル崩壊→暴走。

後から見ればただ上昇が一服してレンジになっていただけ…

ということもあります。

はい、過去の僕です。(笑)

同じような人も多いんじゃないでしょうか?

 

【トレンドの終了=転換】、

この勘違いがダウ理論で考えてトレードすると損切になってしまい悩むことになる理由の1つです。(損切が悪いわけではありません!根拠ある損切は当然褒められるものです!

他には、

ダウ理論を適用する波が見る人によって変わるのでどれを信じればいいのかわからない。

複数時間軸を使うことでどの波を狙うのか正解が分からず悩む。

色んな波を考えすぎてわけがわからなくなる。

同じ時間軸でもどの波で考えればいいのかわからない。

とダウ理論で相場を考えるのに難しいことは色々ありますね。

 

ではどうすればいいのか?

ダウ理論は考えない方がいいのか?というとまたそれも違います。

使いどころを間違えなければ少しだけダウ理論も活用できるのです。

2つのダウ理論の正しい活用場面

ここまでダウ理論で勘違いされやすいこと、またその他にもダウ理論を使うにはいろんな難しい点があるという事をご説明しました。

見る波の問題、複数時間軸の問題はまた別の記事で書くので、そちらを参考にしてください。

 

ここではダウ理論はどういった場面で活用すればいいのか、その正しい活用法を解説します。

下にダウ理論の内容をもう1度書いておきます。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

(引用:Wikipedia”ダウ理論“)

この中で2番目の「トレンドには3種類ある」という法則で説明されていることは、トレンドにはその期間によって3種類あり、それぞれ主要トレンド、二次トレンド、小トレンドと分類されています。そしてそれらは互いに独立しているのではなく、二次トレンド、小トレンドは主要トレンドの調整局面と捉えられています。

これはFXでいうと長期の時間足のトレンド、中期の時間足のトレンド、短期の時間足のトレンドとみなすことができます。

また1つの時間足で見た場合も大きな波、中くらいの波、小さな波で分けて適用できます。

この理論で考えると、1つの小さなトレンドが終了してもより大きな波の調整局面に入っただけで、また次の大きな波でトレンドを作ってきますよーということです。

また、法則3番目の「主要トレンドは3段階からなる」の3段階とは、先行期、追随期、利食い期のことで、トレンドには少数の投資家が底から買う期間と、それに追随する投資家が現れる時期底で買った投資家が利食いをする3段階からなりますよーってことです。

この2つの法則は知識として知っておくレベルのもので、ちょっと勉強すると「まぁ当たり前じゃない?」って感じもします。

6以外の残りの法則も実践ではほぼ使いません!

 

実践レベルで考えた時にダウ理論で判断できるのはただ1つ。

「ダウが崩れる=押し安値・戻り高値を抜けることで、それまでのトレンドは終了する」

上にも書いたこれだけです。

トレンドの継続と終了の判断をするくらいしか活用できません。

この情報を実際のトレードで生かすにはどうすればいいか?

それは1つのトレンドに追随する時利食いの時です。

1つのトレンドが終了するまではそのトレンドに追随していけば利益になる確率が高まります。

また、1つのトレンドが終了するなら一旦その流れは終わり、もうそれ以上は伸びないと判断できるので、利食いをする基準に採用できます。

ダウ理論が生まれた根本原理について考える!

ここまでの説明を見ると、ダウ理論って相場の値動きを考えるのに使えないの⁉必要なのか⁉って思うかもしれません。

過激なことをいうと僕は必要ないと思っています。

ただ実際発信されているようにダウ理論で考えてトレードして利益を残すこともできるし、そういうトレードで利益を出している方も多くいます。

そういう人たちを否定しているわけではなく、ダウ理論を絶対的なものとしてトレードするよりは、使えるところだけ使えばいいと思っています。

 

実際相場はダウ理論だけで動いているわけではないので、巷で言われているようにダウ理論を絶対的な基準として考えてしまうとダウ理論に振り回されてしまいます。

そもそもダウ理論は株価などの値動きの癖をまとめた理論で、その内容はほぼ『トレンド』の話です。値動きが元となりダウ理論が生まれたわけです。

要はトレンド』の内容を理解しダウ理論の元となった値動きさえ理解できれば、ダウ理論を理解したも同然になります。

 

次の記事ではそんなダウ理論の元となった根本的な値動きについて考え、『トレンド』の発生原理、またそこから『揉み合い・レンジ』についてご説明したいと思います。

 

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。

ブログランキング参加してます!

この記事が参考になった!面白かったよー!って方、良ろしければ応援Clickお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

 

またこの記事について質問等あれば、問い合わせフォームからどうぞ!

お待ちしております!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. tee より:

    ありがとうございます!疑問がひとつはれました^^

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください